本社におけるJCSS現地校正(出張校正)開始のお知らせ

TOPページ  > JEMICの校正業務  > 校正業務からのお知らせ  > 本社におけるJCSS現地校正(出張校正)開始のお知らせ

本社におけるJCSS現地校正(出張校正)開始のお知らせ

 本社において、時間・周波数関係の計測器の JCSS現地校正(出張校正)も可能となっておりますので、是非ご利用ください。
  なお、恒久的施設によるJCSS校正も引き続き、ご利用ください。

校正範囲及び校正の不確かさ

種類
校正範囲
校正の不確かさ
(信頼の水準
約95 %)
周波数発生器
(発振器等)
1 Hz 以上 10 MHz 以下
1.0×10-6
(相対拡張
不確かさ)
周波数測定器
(周波数カウンタ等)
1 Hz 以上 10 MHz 以下
1.0×10-6
(相対拡張
不確かさ)
時間間隔発生器
(耐電圧試験器のタイマー)
0.1 s 以上 1 s 未満
0.003 0 s
1 s 以上 10 s 未満
0.004 s
10 s 以上 60 s 以下
0.01 s
時間間隔測定器
(ミリセコンドカウンタ、 ストップウオッチ等)
時間間隔測定による校正
0.1 s 以上 10 s 未満
0.000 3 s
1 s 以上 10 s 未満
0.003 s
60 s 超 3 600 s 以下
0.09 s

耐電圧試験器のほぼ全ての測定量目がJCSS校正で対応可能となりました。
※上記以外、電気計測器、温度計、質量など多種多様の計測器を取り扱っています。
※ 校正の不確かさは、範囲の中で一番小さなものを記載しています。
※ 従来の校正範囲より拡張している計測器が数多くあります。
ilacmrajcss
 当所は、認定基準としてISO/IEC 17025(JIS Q 17025)を用い、認定
スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定さ
れています。JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋
試験所認定協力機構(APLAC)及び、国際試験所認定協力機構(ILAC)の
相互承認に署名しています。
 当所は、国際MRA対応JCSS認定事業者です。JCSS 0039は、当所
本社の認定番号です。








お問い合わせ先


本社 標準部 校正サービスグループ
TEL:03-3451-6760 FAX:03-3451-6910
E-mail:kousei-info@jemic.go.jp

本サイトをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。Get Adobe Reader