JEMIC 日本電気計器検定所は,電気メーターの検定及び計測器の校正等を行っている公正中立な機関です。

TOPページ > JEMICの校正業務 > 電球形LEDランプのJNLA試験

電球形LEDランプのJNLA試験

電球形LEDランプのJNLA試験

イメージ

 近年普及しつつある発光ダイオード(LED)を利用した照明器具のうち,電球形LEDランプと呼ばれるものは,エネルギー使用の合理化等に関する法律(通称,省エネ法)のトップランナー制度の定めにより,販売時に各種性能についての表示が求められます。それら表示項目のうち,省エネルギーのために特に重要な1 )全光束,及び2)消費電力については,工業標準化法に定めるJNLA登録試験事業者 による測定結果を表示する必要があります。
 JEMICでは電球形LEDランプの試験を実施しています。JEMICが実施する電球形LEDランプの試験証明書には,JNLA登録試験事業者の証であるロゴマークが表示され,省エネ法におけるトップランナー制度に基づく表示項目に,試験証明書に記載された測定結果を使用することができます。

試験対象製品

 口金の形状がE17及びE26の電球形LEDランプであれば,メーカーを問わず試験が可能です。

Q&A

Q 電球形LEDランプはトップランナー制度の対象になりますか?

A 電球形LEDランプの製造や製品の輸入を行う事業者が対象となります。
  また,委託による製造又は輸入を行っている事業者(委託元)も含まれます。

Q 登録試験事業者とは?

A 工業標準化法第57条第1項の規定に基づき,登録を受けた者をいいます。

Q どのような電球形LEDランプでも製品試験を受けることが可能ですか?

A トップランナー制度では,口金が「E17」及び「E26」の電球形LEDランプが制度対象機器となります。

お問い合わせ先

本社 標準部 校正サービスグループ
TEL:03-3451-6760 FAX:03-3451-6910
E-mail:kousei-info@jemic.go.jp

本サイトをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。Get Adobe Reader