JEMIC 日本電気計器検定所は、電気メーターの検定及び計測器の校正等を行っている公正中立な機関です。

TOPページ > 校正サービスのご案内 > テクニカルコラム>
IATF 16949自動車産業品質マネジメントシステム規格について

テクニカルコラム

IATF 16949自動車産業品質MS規格における外部試験所に係る要求事項について

 ISO/TS16949は、2016年10月にIATF(国際自動車産業特別委員会)が作成したIATF 16949 自動車産業品質マネジメントシステム規格に改訂され、内部試験所、外部試験所及び計測器製造事業者が実施する検査、試験又は校正サービスについて、要求事項が見直されています。

 その中で、外部試験所に係る要求事項のうち、ISO/TS16949では「試験所は、ISO/IEC17025(JIS Q 17025)又はこれと同等の国内基準に認定されなければならない。」という記載が、IATF 16949では、「試験所は、ISO/IEC17025又はこれに相当する国内基準に認定され、該当する検査、試験、又は校正サービスを認定(認定書)の適用範囲に含めなければならない。校正又は試験報告書の認定は、国家認定機関のマークを含んでいなければならない。」というように変更されました。

 そのため、審査機関によってはISO/TS16949の審査時は当該の外部試験所がISO/IEC17025の認定を受けていることの確認で認められていたものが、IATF 16949の審査時には、校正等を依頼する外部試験所が、依頼する範囲でISO/IEC17025又はこれに相当する国内基準に認定されていることまで確認されるようになります。これは、校正等を依頼する側が確認することになりますので、IATF 16949の移行にあわせ、改めて校正を依頼している機関の認定範囲の確認をお勧めします。  校正事業者のJCSS校正の認定範囲については、製品評価技術基盤機構のホームページから確認できますし、JEMICのJCSS認定証と認定範囲一覧はJEMICホームページから確認及び印刷することができます。

 なお、JCSS校正証明書では、ISO/IEC17025の認定範囲外の校正結果を記載することが可能となっています。その際、認定範囲外の校正結果には明確な識別を記載することになっていますので、現有のJCSS校正証明書の校正結果が全てJCSS校正の認定範囲内であるか、確認してみることも必要でしょう。ちなみにJEMICでは認定範囲外の識別として、校正結果に(*)印を付して識別しています。(JEMICのJCSS校正証明書で(*)印のないものは、全てISO/IEC 17025の認定範囲内の証となっています。)

 上記のことから、IATF 16949への移行に伴い、必要な認定範囲を持った事業者での校正が必要になった、ISO/IEC17025を取得した事業者ではあったが校正範囲が認定範囲と一致していないなど、校正サービスでお悩みの方は一度お問い合わせください。

(2017.7 N)

目次へもどる

本サイトをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。Get Adobe Reader