JEMIC 日本電気計器検定所は,電気メーターの検定及び計測器の校正等を行っている公正中立な機関です。

TOPページ > 電子申請 > よくある質問 > 電子申請システムの機能やエラー

よくある質問

電子申請システムの機能やエラー

JEMIC電子申請システムの検証機能とは,どのような検証を行う機能ですか?

JEMIC電子申請システムの検証機能は,申請者自らの署名の改ざんの有無の検証,および証明書有効性検証(サポートしている民間認証局等から発行されたものか否か)を行っています。

電子署名の有効性検証は,どの時点で行われるのですか?

JEMIC電子申請システムにおいては,電子署名の有効性検証は次の2回行われます。

電子申請受付時

申請書の提出時に,JEMIC電子申請システムのサーバにおいて自動的に電子署名の有効性検証が行われます。電子署名が無効であった場合は,申請書を受け付けることはできません。

申請書審査時

受付担当者が,提出された申請書の形式審査を行う際に,電子署名の検証とともに,電子証明書に記載されている内容と,申請書の申請者の記載内容が一致しているかどうかを確認します。

自社内で厳正に更新手続きを管理していれば,自社の電子証明書についての検証は不要ではないですか?

認証局がその電子証明書を失効させていないか確認するために,検証する必要があります。

申請に用いる添付ファイルの様式に制限はありますか?

様式に指定された添付ファイルがある場合には,その指定された添付ファイルを使用してください。
様式に添付ファイルの指定がない場合には,任意のファイルを添付することができますが,添付できるファイルの内容や種別については,日電検までお問い合わせください。

本サイトをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。Get Adobe Reader