-

インターンシップ受入れ

インターンシップとは、「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」です。

この趣旨に加え、JEMICの担う業務が、社会的に大きな意義を持つことを皆さんに知っていただくために、JEMICでは、積極的にインターンシップの受入れを行っています。研修内容は、計測システムの研究・開発、電力量計の検定に係る実習などです。対象は、当所業務に関連する学科を専攻している技術系の学生です。

2020年度(9月末まで)については、次のとおり実施したので、その概要を御紹介します。

2020年度(9月末)までに受入れを行った学校、受入人数等

※括弧内は当所における受入先

 
  • 東京都立産業技術高等専門学校 1名 (本社)
  • 日本大学           1名 (本社)
  • 北海道札幌工業高等学校    2名 (北海道支社)

研修期間

2020年8月~9月の3日~12日間

研修内容

イメージ
  • 電気計器等の検定・検査に係る実習
  • 電気計器等に関する実験
  • 各種計測器を使用した校正作業の実習

得たこと、勉強になったこと、良かったこと(抜粋)

イメージ
  • 自分の家にある電気メーターがこんなにたくさんの人に検定されてから届いていたことを知り、勉強になった。
  • 授業で学んだことが実際どのように業務で扱われているかを体感し、学習意欲が増した。
  • 電力量計の大切さ、どのような役割を果たしているのか細かいところまで知ることができました。

当所の印象(抜粋)

  • 前向きで明るく優しい方ばかりでした。
  • 身の回りにある様々なものの基準を定める重要な役割を果たしている。
  • 正確さを大事にしている印象が強かった。

研修生の体験談(抜粋)

  • 職員の人が細かく丁寧に教えてくれて、とても分かりやすく、電力量計の種類や変成器について知ることができた。

※受入れについては、個人による申込は受け付けておりません。学校窓口を通じてお問い合わせください。

pagetop