恒温槽・試験槽のJCSS校正開始のお知らせ

恒温槽・試験槽等が装備する指示計器付温度計のJCSS校正が開始となりました。併せて,JIS C 60068-3-5,60068-3-6,JTM規格などの恒温槽・試験槽等の試験も対応いたします。

なお,湿度につきましては,一般校正で実施いたします。

JCSS校正範囲及び不確かさ

JCSS校正では,恒温槽が装備する指示計器付温度計の校正を行います。

校正位置は恒温槽センサの設置位置近傍又は恒温槽内の任意の点(中央など)となります。

校正内容 校正範囲 校正の不確かさ(k=2)
指示計器付温度計 -40 ℃ 以上 150 ℃ 以下 0.30 ℃
(恒温槽装備) 150 ℃ 超過 200 ℃ 以下 0.70 ℃

ilacmrajcss

当所は,認定基準としてISO/IEC 17025(JIS Q 17025)を用い,認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は,アジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)及び,国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。

当所は,国際MRA対応JCSS認定事業者です。JCSS 0039は,当所本社の認定番号です。

各種規格対応の試験

JIS C 60068-3-5,60068-3-6,JTM規格などに対応します。

試験内容:温度分布,温度変動,空間温度偏差,温度こう配,温度変化速度 など

お問い合わせ先

本社 標準部 校正サービスグループ
TEL:03-3451-6760 FAX:03-3451-6910
E-mail: kousei-info@jemic.go.jp

pagetop