中部支社における温度のJCSS校正業務拡大のお知らせ

JEMIC中部支社の温度におきまして、JCSS校正が可能な校正対象の追加と範囲拡張を行いましたので、お知らせいたします。指示計器付温度計の範囲拡張、恒温槽が装備する指示計器付温度計と熱電対のJCSS校正が加わりました。。

なお、指示計器付温度計及び温度計校正装置は、現地校正も実施しております。

是非ご利用ください。

校正範囲及び校正の不確かさ(すでにJCSS校正を実施いている校正範囲も記載しています。)

種類 校正範囲 校正の不確かさ
(信頼の水準約 95 %)
ご案内
指示計器付温度計 ※1 -40 ℃以上 0 ℃未満 0.20 ℃ PDF
0 ℃以上 250 ℃以下 0.050 ℃
恒温槽装備 -40 ℃以上 150 ℃以下 0.30 ℃ PDF
150 ℃超過 200 ℃以下 0.70 ℃
温度計校正装置※1 0 ℃以上 200 ℃以下 0.050 ℃ PDF
200 ℃超 250 ℃以下 0.060 ℃
熱電対 0 ℃ 0.4 ℃(※2) PDF
0 ℃超過 1 100 ℃以下 0.7 ℃(※2)

※1  現地校正の拡張不確かさは、表内数値より大きくなります。

※2  熱電対の校正は、熱電対の種類と不確かさにより校正手数料が異なります。

ilacmrajcss

当所は、認定基準としてISO/IEC 17025(JIS Q 17025)を用い、認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋認定協力機構(APAC)及び、国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。

当所は、国際MRA対応JCSS認定事業者です。JCSS0049は、当所中部支社の認定番号です。

お問い合わせ先

日本電気計器検定所 中部支社 標準課

〒487-0014 愛知県春日井市気噴町三丁目5番7

TEL:0568-53-6336 FAX:0568-53-6337

E-mail:kousei-cub@jemic.go.jp

pagetop