校正サービスメールマガジン 2022年1月

2022年1月24日配信

☆────☆★☆ ≪ JEMIC 日本電気計器検定所からのお知らせ ≫ ☆★☆────☆
     JEMICに関する情報・イベント等をお知らせしています。
     発信元 標準部 営業グループ  【2022.01.24】
☆─────────────────☆★☆───────────────────☆

  ◆ 本社における膜厚計の一般校正業務開始のお知らせ ◆

   JEMIC本社におきまして、膜厚計の一般校正が可能となりましたので、
   お知らせいたします。是非ご利用ください。

   校正点は以下のとおりとなりますが、校正に使用する標準板は校正点と
  同値ではなく、実測した近似値のものとなります。
    10 µm、25 µm、37 µm、50 µm、75 µm、100 µm、125 µm、250 µm、
    300 µm、350 µm、500 µm、700 µm、800 µm、1000 µm、1500 µm

   校正点に関するご相談は、本社校正窓口か営業担当者へお問合せください。
   詳細につきましては、ホームページでご確認ください。
   https://www.jemic.go.jp/kousei/jcsskakucho2022.01.21.html
   
   これからも更なる校正サービスの向上に努めてまいりますので、今後とも
   校正試験をご利用いただきますよう、お願いいたします。
   https://www.jemic.go.jp/kousei/calibration.html

2022年1月7日配信

☆────☆★☆ ≪ JEMIC 日本電気計器検定所からのお知らせ ≫ ☆★☆────☆
     JEMICに関する情報・イベント等をお知らせしています。
     発信元 標準部 営業グループ  【2022.01.07】
☆──────────────────☆★☆──────────────────☆

  ◆ 環境試験の設備・機器貸出(立会試験)及び受託試験のご案内 vol.2 ◆
  
   JEMIC は、電気計器の型式承認業務で養った経験を活かして、電気計器以外の
   産業製品に対する環境試験(気象環境)、電気的試験(電源環境)などの
   設備・機器をご提供してまいります。

   ● 受託試験サービス
   環境試験(気象環境)
   ・サンシャインウェザーメーター(S80 スガ試験機㈱)
    サンシャインカーボンアークランプはウェザーメーターの光源として60年以上の
    歴史があり紫外部の分光放射照度の立ち上がりが太陽光に近似していることから
    ISOやASTM規格をはじめ数多くのJIS規格、業界規格、企業規格に規定されており、
    現在あらゆる産業分野で広く用いられています。

   ・注水試験機(RA-W スガ試験機㈱)
    雨を想定した試験ができます。

   ・塩水噴霧試験機(ST-90 スガ試験機㈱)
    海岸地域の潮風を想定した試験ができます。塩化ナトリウム水溶液を噴霧した
    雰囲気に試験片をさらして腐食等の発生を試験します。

   ・亜硫酸ガス試験装置(GS-UV スガ試験機㈱)
    一定封入の高濃度の二酸化硫黄ガス雰囲気での金属材料やその表面処理の
    耐食性を試験します。

   ・湿潤試験機(CT-3 スガ試験機㈱))
    さび止め油(JIS K 2246)や塗料(JIS K 5600-7-2)などに規定される湿潤試験を
    行います。

   ・恒温槽(PWL-3KP-E エスペック㈱など)
    環境試験方法-電気・電子JIS C 60068-2-1(IEC 60068-2-1:2007)第2-1部:
    低温(耐寒性)、JIS C 60068-2-2(IEC 60068-2-2:2007)第2-2部:高温
    (耐熱性)、JIS C 60068-2-30(IEC 60068-2-30:2005) 第2-30部:温湿度
    サイクル、JIS C 60068-2-78(IEC 60068-2-78:2001) 第2-78部:高温高湿など
    に対応します。

   ・振動試験機(F-06000BM/FA エミック㈱)
    環境試験方法-電気・電子JIS C 60068-2-6(IEC 60068-2-6:2007)第2-6部:
    正弦波振動試験方法に対応します。

   ・衝撃試験器(SM-110-MP AVEX)
    環境試験方法-電気・電子JIS C 60068-2-27(IEC 60068-2-27:2008)第2-27部:
    衝撃試験方法に対応します。

   ・漏れ磁束測定
    JEMICでは、磁性物質を梱包する場合のIATA包装基準953による梱包物表面の点
    から4.6m離れた点の磁界の強さの測定を提供します(IATA:国際航空運送協会)

   環境試験は、信頼性試験の一つであり、電気製品・電子部品の諸環境に対する
   耐性を確認しておくことが大切です。


   ■ 詳細につきましては、以下の弊所ホームページにてご確認ください。
   https://www.jemic.go.jp/gizyutu/environmental-testing.html

   オンラインによる事前打合せにも対応いたします。また、試験設備・機器などの
   見学も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
   環境試験の設備・機器貸出(立会試験)、受託試験などの実施場所は、
   日本電気計器検定所本社(東京都港区芝浦4-15-7)になります。
   (試供品持込み及び立会試験のための駐車スペースあります。)

  【お問合せ先】
   日本電気計器検定所 検定管理部 型式試験グループ
   TEL:03-3451-3391 FAX:03-3456-1496

 

2022年1月5日配信

☆────☆★☆ ≪ JEMIC 日本電気計器検定所からのお知らせ ≫ ☆★☆────☆
     JEMICに関する情報・イベント等をお知らせしています。
     発信元 標準部 営業グループ  【2022.01.05】
☆──────────────────☆★☆──────────────────☆

  ◆  謹 賀 新 年  ◆

   昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
   本年も職員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、
  何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
   皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈りいたします。
   本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

   新年は本日1月5日(水)から平常どおり、営業しております。
https://www.jemic.go.jp/kousei/j_kousei.html

   これからも更なる校正サービスの向上に努めてまいりますので、今後とも
   校正試験をご利用いただきますよう、お願いいたします。
   https://www.jemic.go.jp/kousei/calibration.html

*~~*~~*~~*~~*  お  知  ら  せ  *~~*~~*~~*~~*
 ≫ 本  社:バッテリーハイテスタ(交流抵抗)のJCSS校正が可能です。
 ≫ 中部支社:クランプメータ JCSS校正は1000A(直流・交流)まで対応可能!
 ≫ 関西支社:温度指示計器校正装置(ハンディキャルなど)のJCSS校正が可能です。
 ≫ 九州支社:指示計器付温度計の一般校正(-30℃~150℃)を開始しました。  
*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*☆─

 

 

pagetop