JEMIC 日本電気計器検定所は、電気メーターの検定及び計測器の校正等を行っている公正中立な機関です。

TOPページ > JEMIC計測技術セミナー

JEMIC計測技術セミナー

JEMICでは、産業界への計測技術の普及のため、電気や温度等に関する基本的な測定技術から、ISO/IEC 17025や不確かさまで、様々な計測技術セミナーを開催しております。貴社における計測技術者及び品質管理者の教育の場として活用していただければ幸いです。

セミナー開催予定

平成29年度は、下記のとおり開催する予定です。

現在募集中のセミナー

現在、募集中のセミナーは、以下のとおりです。

本社:東京都港区

 ※本社開催分のお申込み・お問合せは本社までお願いします。
   (TEL:03-3451-1205 E-mail: kosyukai-tky@jemic.go.jp)
開催日 テーマ(講義名) 講義内容 詳細 申込書
5月26日
(1日)
知っておきたい不確かさの評価法 応用編 感度係数や有効自由度を考慮した不確かさ評価など、不確かさの求め方について、演習を交え解説します。 詳細
(PDF)
締切
6月6日
(1日)
温度測定の基礎 主に熱電対と測温抵抗体について、実用的な観点に基づき、機能、特性、測定方法、使用上の注意点等を解説し、実習を行います。 ※残席僅少です。ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
6月7日
(1日)
交流電圧・電流の測定 交流電圧・電流の測定について、測定対象と測定方法、注意点等を、交流電圧計による実習を交え解説します。初心者の方に最適です。 ※残席僅少です。ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
6月8日
(1日)
直流電圧・電流の測定 直流電圧・電流の測定について、測定対象と測定方法、注意点等を、マルチメータによる実習を交え解説します。初心者の方に最適です。 ※満席となりました。現在、キャンセル待ち受付中です。 詳細
(PDF)
キャンセル
待ち
申込書
(WORD)
6月9日
(1日)
校正技術者養成講座 マルチメータを標準器とした実習を行い、初心者にもやさしく解説します。電気計測器の校正基礎知識と技術的な重要ポイントが習得できます。 ※残席僅少です。ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
6月12日
(1日)
校正技術者養成講座 マルチメータを標準器とした実習を行い、初心者にもやさしく解説します。電気計測器の校正基礎知識と技術的な重要ポイントが習得できます。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
6月21日
(半日)
計測器管理者養成講座 計測器管理に関する基礎的な内容を取り上げ、計測器管理の必要性、計測器管理の方法等について、JEMICの技術者がわかりやすく解説します。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
6月22日
〜23日
(2日)
ISO/IEC 17025 内部監査員研修 試験所認定制度、規格の要求事項、不確かさ評価の概要、内部監査の方法等を解説します。 修了試験合格者には、合格証明書を発行致します。 ※残席僅少です。ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
6月29日
〜30日
(2日)
不確かさの基礎 不確かさの知識がなくても、計測現場における不確かさ評価に最も適したバジェットシートを用いて、簡単に不確かさの計算ができるようになります。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
7月13日
〜14日
(2日)
分析化学における不確かさ研修プログラム ご好評をいただいている「不確かさの基礎」の分析化学バージョンです。(公社)日本分析化学会との共同開催です。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
10月11日
〜12日
(2日)
質量計の校正と不確かさ評価 桑山重光氏を講師に迎え、分銅、電子式非自動はかりの校正の不確かさ評価と校正方法を解説します。 実習も行いますので、校正技術が身に付きます。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
10月13日
(1日)
一次元寸法測定器の校正と不確かさ評価 桑山重光氏を講師に迎え、ノギス、マイクロメータの校正の不確かさ評価と校正方法を解説します。実習も行いますので、校正技術が身に付きます。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
10月17日
(1日)
放射温度計基礎講座 放射温度計の基礎と原理及び使用の際の注意点等について解説し、簡単な実習も行います。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
10月18日
(1日)
温度計測実務者フォローアップ・セミナー 温度計測(接触式温度計)の基礎技術、温度計の特徴と選び方、測定手法、留意点を解説します。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
10月19日
(1日)
抵抗温度計の校正 抵抗温度計の校正を行う場合の基本的な注意点等について解説し、併せて実習も行います。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
10月20日
(1日)
熱電対の校正 熱電対、指示計器付熱電温度計の校正基礎技術、留意点等を解説し、温度計校正装置を用いた校正と結果の補正の実習を行います。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
10月26日
〜27日
(2日)
不確かさの基礎 不確かさの知識がなくても、計測現場における不確かさ評価に最も適したバジェットシートを用いて、簡単に不確かさの計算ができるようになります。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
10月31日
(半日)
計測器管理者養成講座 計測器管理に関する基礎的な内容を取り上げ、計測器管理の必要性、計測器管理の方法等について、JEMICの技術者がわかりやすく解説します。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
11月1日
(1日)
交流電圧・電流の測定 交流電圧・電流の測定について、測定対象と測定方法、注意点等を、交流電圧計による実習を交え解説します。初心者の方に最適です。 詳細
(PDF)
6月初旬
募集開始
予定
11月2日
(1日)
校正技術者養成講座 マルチメータを標準器とした実習を行い、初心者にもやさしく解説します。電気計測器の校正基礎知識と技術的な重要ポイントが習得できます。 詳細
(PDF)
6月初旬
募集開始
予定
11月9日
〜10日
(2日)
分析化学における不確かさ研修プログラム ご好評をいただいている「不確かさの基礎」の分析化学バージョンです。(公社)日本分析化学会との共同開催です。 7月下旬
掲載予定
7月下旬
募集開始
予定
11月16日
〜17日
(2日)
ISO/IEC 17025 内部監査員研修 試験所認定制度、規格の要求事項、不確かさ評価の概要、内部監査の方法等を解説します。 修了試験合格者には、合格証明書を発行致します。 詳細
(PDF)
6月初旬
募集開始
予定
11月22日
(1日)
ISO/JIS Q 10012計測管理規格の解説と活用 ISO 10012のJIS化WGの一員として規格制定に貢献された中野廣幸氏を講師に迎え、概要解説及び運用事例紹介を行います。 詳細
(PDF)
6月初旬
募集開始
予定
12月8日
(1日)
不確かさ評価に必要な統計的手法 産総研の田中秀幸氏を講師に迎え、不確かさで用いる数式の統計的意味を学びます。Excelを用いた演習も行います。 詳細
(PDF)
6月下旬
募集開始
予定

東北支社:仙台市宮城野区

 ※東北開催分のお申込み・お問合せは東北支社までお願いします。
   (TEL:022-786-5031 E-mail:jimu-snd@jemic.go.jp)
開催日 テーマ(講義名) 講義内容 詳細 申込書
5月26日
(1日)
校正技術者養成講座 マルチメータを標準器とした実習を行い、初心者にもやさしく解説します。電気計測器の校正基礎知識と技術的な重要ポイントが習得できます。 詳細
(PDF)
締切
7月14日
(1日)
計測の基礎 有効数字の桁数の考え方や単位の表し方、誤差の補正、計測器管理の概要等、計測全般の基礎的な内容です。計測に携わる初心者の方に最適です。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)

中部支社:(愛知県春日井市)

 ※中部開催分のお申込み・お問合せは中部支社までお願いします。
   (TEL:0568-53-6336 E-mail: kousei-ngy@jemic.go.jp)
 ※中部支社主催セミナーの会場は、すべてウインクあいち(名古屋市中村区)です。
 
開催日 テーマ(講義名) 講義内容 詳細 申込書
6月28日
(1日)
計測の基礎 有効数字の桁数の考え方や単位の表し方、誤差の補正、計測器管理の概要等、計測全般の基礎的な内容です。計測に携わる初心者の方に最適です。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
6月29日
(1日)
校正技術者養成講座 マルチメータを標準器とした実習を行い、初心者にもやさしく解説します。電気計測器の校正基礎知識と技術的な重要ポイントが習得できます。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
7月24日
〜25日
(2日)
不確かさの基礎
不確かさの知識がなくても、計測現場における不確かさ評価に最も適したバジェットシートを用いて、簡単に不確かさの計算ができるようになります。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
12月7日
〜8日
(2日)
不確かさの基礎
不確かさの知識がなくても、計測現場における不確かさ評価に最も適したバジェットシートを用いて、簡単に不確かさの計算ができるようになります。 詳細
(PDF)
6月下旬
募集開始
予定

北陸支社:石川県野々市市

 ※北陸開催分のお申込み・お問合せは北陸支社までお願いします。
   (TEL:076-248-1257 E-mail:jimu-knz@jemic.go.jp)
開催日 テーマ(講義名) 講義内容 詳細 申込書
7月7日
(1日)
校正技術者養成講座 マルチメータを標準器とした実習を行い、初心者にもやさしく解説します。電気計測器の校正基礎知識と技術的な重要ポイントが習得できます。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)

関西支社:大阪市北区

 ※関西開催分のお申込み・お問合せは関西支社までお願いします。
   (TEL:06-6451-2356 E-mail: kousei-osk@jemic.go.jp )
開催日 テーマ(講義名) 講義内容 詳細 申込書
6月9日
(1日)
計測の基礎 有効数字の桁数の考え方や単位の表し方、誤差の補正、計測器管理の概要等、計測全般の基礎的な内容です。計測に携わる初心者の方に最適です。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
7月28日
(1日)
校正技術者養成講座 マルチメータを標準器とした実習を行い、初心者にもやさしく解説します。電気計測器の校正基礎知識と技術的な重要ポイントが習得できます。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)
11月30日
〜12月1日
(2日)
不確かさの基礎
不確かさの知識がなくても、計測現場における不確かさ評価に最も適したバジェットシートを用いて、簡単に不確かさの計算ができるようになります。 詳細
(PDF)
6月初旬
募集開始
予定

九州支社:福岡市南区

 ※九州開催分のお申込み・お問合せは九州支社までお願いします。
   (TEL:092-541-3033 E-mail: kousei-fko@jemic.go.jp)
開催日 テーマ(講義名) 講義内容 詳細 申込書
6月23日
(半日)
計測器管理者養成講座 計測器管理に関する基礎的な内容を取り上げ、計測器管理の必要性、計測器管理の方法等について、JEMICの技術者がわかりやすく解説します。 詳細
(PDF)
申込書
(WORD)

セミナーのご紹介(分野別)

JEMICで開催しているセミナーを分野別にご紹介します。

計測一般

レベル テーマ(講義名) 概要 日数
基礎
計測の基礎 正確な測定を行うために重要な基本的概念、有効数字の桁数の考え方や単位の表し方、誤差の補正、計測器管理の概要など、計測全般に関する基礎的な内容を網羅しています。計測に携わる初心者の方に最適な講義です。 1日
基礎
計測器管理者養成講座 計測器の使用状況に応じた最適な管理体制の構築等、計測器管理に関する基礎的な内容を取り上げ、わかりやすく解説します。計測器管理、校正・計測に携わっている方、初心者〜実務経験3年程度の方に最適な講義です。 半日

電気

レベル テーマ(講義名) 概要 日数
基礎
直流電圧・電流の測定 様々な状況における直流電圧・電流の測定について、未知の状態をどのように測定すべきか、測定対象と測定方法の関係や注意点などを、マルチメータによる測定などの実習を交えやさしく解説します。直流電圧・電流計測の基礎知識を習得できます。 1日
基礎 交流電圧・電流の測定
様々な状況における交流電圧・電流の測定について、未知の状態をどのように測定すべきか、測定対象と測定方法の関係や注意点などを、交流電圧計による測定などの実習を交えやさしく解説します。交流電圧・電流計測の基礎知識を習得できます。
1日
基礎 校正技術者養成講座
電気計測器の校正について、実習を通して、初心者の方にもやさしく解説しますので、電気計測器の校正の基礎知識と技術的な重要ポイントが習得できます。計測に携わる初心者の方向けです。
1日

温度

レベル テーマ(講義名) 概要 日数
基礎
温度測定の基礎 温度計測の基礎を概説し、主に熱電対と測温抵抗体について、実用的な観点に基づき、特徴、機能、特性を始め、測定対象に対しての測定方法、使用上の注意点等を解説します。併せて、実習を通し温度測定の基礎の理解を深めることができます。 1日
基礎
温度計測実務者フォローアップ・セミナー 温度計測分野の第一人者である小川実吉氏を講師に迎え、基礎技術、温度計の特徴と選び方、測定手法、留意点など接触式温度計について解説します。実務経験者には、用途に応じた正確な温度計測の実現に役立ちます。 1日
基礎
放射温度計基礎講座 放射温度計の基礎と原理及び使用の際の注意点等について解説し、簡単な実習も行います。 1日
応用
抵抗温度計の校正 抵抗温度計(測温抵抗体、指示計器付温度計)の要求精度を満足する校正を社内で実施するために必要な基礎技術、手法、留意点等について解説します。また、標準抵抗温度計との比較校正の方法、校正結果の補正について、実習を行います。温度計測の実務経験が3年程度の方向けです。 1日
応用
熱電対の校正 熱電温度計(熱電対、指示計器付熱電温度計)を社内校正するための基礎技術、手法、留意点等を解説します。また、温度計校正装置を用いた校正と校正結果の補正について、実習を行います。温度計測の実務経験が3年程度の方向けです。 1日

不確かさ

レベル テーマ(講義名) 概要 日数
基礎
不確かさの基礎 不確かさの知識の無い方でも、計測現場における不確かさ評価に最も適したフォーマットのバジェットシートを用いて、簡単に不確かさの計算ができるようになります。 2日
応用 知っておきたい不確かさの評価法 応用編
実際の測定では、得られた測定値が直接測定結果になるケースだけでなく、計算式により測定結果を算出することがあります。 感度係数や有効自由度を考慮した不確かさ評価など、不確かさの求め方について、演習を交え解説します。不確かさの計算方法を理解されている方を対象とさせていただきます。
1日
応用 不確かさ評価に必要な統計的手法
不確かさ評価で用いる数式の統計的意味を学ぶ講座です。不確かさ分野の第一人者である産総研の田中秀幸氏を講師に迎え、講義のほか、Excel を用いた演習を通して、不確かさに関する統計的手法をより深く理解できます。
1日
基礎 分析化学における不確かさ研修プログラム
不確かさの知識のない方でも、分析化学でよく用いられる相対標準不確かさによる計算ができるようになります。「不確かさの基礎」の分析化学版です。(公社)日本分析化学会との共同開催です。
2日

品質管理、規格

レベル テーマ(講義名) 概要 日数
基礎 基礎から学ぶISO/IEC 17025の概要とポイント
ISO/IEC 17025の個々の要求事項の意味と、求められるマネジメントシステム(品質システム)の概要を、身近な例を挙げ分かりやすく解説します。
※以前開催していた「ISO IEC/17025の世界」の解説等の内容を一部変更したものです。
1日
応用
ISO/IEC 17025内部監査員研修 近年、ISO/IEC 17025(JIS Q 17025)で認定された試験報告書・校正証明書を要求される場合が増えています。そこで、試験所認定制度の紹介、規格の要求事項の解説、不確かさ評価の概要、内部監査の方法の紹介を行います。最後に修了試験を行い、合格された方には合格証明書を発行します。 2日
基礎 ISO/JIS Q 10012 計測管理規格の解説と活用
2011年にJIS化されたISO 10012は、プロセス管理における適切な計測の実現を目的としています。同規格のJIS化WGの一員として同規格制定に貢献された中野廣幸氏を講師に迎え、概要解説、運用事例紹介を行います。
1日

その他

レベル テーマ(講義名) 概要 日数
応用 質量計の校正と不確かさ評価
本分野の第一人者である桑山重光氏を講師に迎え、分銅及び電子式非自動はかりの校正の不確かさ評価と校正方法について、分かりやすく解説します。校正の実習も行いますので、校正技術がしっかり身に付きます。
2日
応用 一次元寸法測定器の校正と不確かさ評価
本分野の第一人者である桑山重光氏を講師に迎え、一次元寸法測定器(ノギス、マイクロメータ)校正の不確かさ評価と校正方法について、分かりやすく解説します。校正の実習も行いますので、校正技術がしっかり身に付きます。
1日

メールアドレスのご登録

メールアドレスをご登録いただいたお客様には、JEMIC計測技術セミナーに関する最新情報を、ホームページ上の公開に先駆けて先行配信させていただいております。ご登録は下のボタンからお願いします。

不確かさテキスト

個人情報の取扱いについて

セミナーのお申込み、メールアドレスのご登録、不確かさテキストのダウンロードに関する個人情報の取扱いにつきましては、「個人情報の取扱いについて」に記載しています。
他社との共催の場合は、お申し込みの際にご記入・ご入力いただいた情報を共催者に提供する(又は提供を受ける)ことがありますが、この場合につきましても、上記「個人情報の取扱いについて」に基づき、取り扱います。

お問い合わせ先

JEMIC計測技術セミナー事務局 長谷川
TEL:03-3451-1205 E-mail:kosyukai-tky@jemic.go.jp

本サイトをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。Get Adobe Reader